ウクライナ情勢

ウクライナ情勢が緊迫していますね。
このウクライナ情勢が緊迫化していることもあって
世界的な株式市場や為替の動きが激しく動いています。

ウクライナ情勢がきっかけとなり株価が下がり始めていました。
さらに円高が進んでいましたが現在ではクリミア半島のロシア編入が決まったこともあり、
株式市場も為替も落ち着きを取り戻していますね。

しかし、ロシアの今後の動きによっては
再びウクライナ情勢が再び緊迫化していく可能性もありますので注意が必要となっています。

ル円は102円台前半を維持するまでに戻ってきていますし、
豪ドル円は95円前半まで値を戻してきています。

今後円が買われることになり急落していくことも考えられますので、
ウクライナ情勢からは目を離せないという事はまちがいないでしょう。

難しい相場展開が続いていますので
FXで取引をする際には注意を払って取引をしていきましょう。

現在ではウクライナ情勢以外にも、
北朝鮮と日本と韓国の外交や中国との外交状況にも注意を払う必要があります。

どこにリスクがあるかははっきりとしないですが、
いつリスクが起こるかもわからないですので
常にニュースには目を向けてFXの取引をしていきたいですね。

いよいよ日本の新年度も始まっていきます。
これからFXはどの様な値動きをしていくのか楽しみです。

このブログ記事について

このページは、acaが2014年4月 4日 14:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「突然のECB利下げ」です。

次のブログ記事は「負けたからと、落ち込まないで!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3