低金利の時代

| コメント(0) | トラックバック(0)
暑い夏まっさかりになってきました。
こうも暑いと空調に頼ってしまい電気代がかさんでいきますね。
しっかりと稼いで電気代以上を儲けていかないといけないですね・笑

米国経済の復調により、米国ドル円は100円台を突破したかと思いきや、
再び90円台に戻っていきましたね。

これにはFRBのバーナンキ議長が声明を発表して、
米国の量的緩和策が早期縮小されるかという思惑が
後退したことによるものの様です。

米ドル売りが急ピッチで進んでいきました。
また、豪ドルについても急ピッチで売りが進んでおり
豪ドル円のレートが、92円台から89円台にまで下がっています。

豪ドルについていえば、米国の金融緩和策の早期縮小の後退もあるのですが、
もう一つの理由として中国経済が減速するのではないかという懸念が出ており、
オーストラリア政府が、再び利下げをする可能性があるのではという思惑が出てきているからです。

オーストラリア政府は豪ドル安を容認しており、
豪ドルについては売りが続いても一向に問題がありませんので、
豪ドル円については92円台までいって良いところでしょう。

豪ドル円が、なかなか100円台までいくということは考えられにくいですね。

オーストラリアの利下げもそうですが、
各国の金利がゼロベースに近くなるということも考えていかなくてはならないかもしれないですね。

世界のどの銀行にお金を預けていてもまったく意味の無い時代が来てしまうかもしれませんね。

銀行に預けているお金がもっと市場に出てくることになれば
FXではもっと稼ぎ易くなっていきます。

市場動向や世界の動向をしっかりと見極めて、
FXでも会社でもしっかりと利益を出していきたいものです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.studying-in-germany.com/mt/mt-tb.cgi/20

コメントする

このブログ記事について

このページは、acaが2013年7月22日 15:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本政府の動向」です。

次のブログ記事は「お盆中の値動き」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3