材料が無いときのFX取引

| コメント(0) | トラックバック(0)
材料が無いときのFX取引はさすがに困ります。

祝日などでの連休中の取り引きでは為替が
ほとんど動かないということがありますので、
外国為替の取り引きを控えるということも良くあります。


冬期休暇中、ゴールデンウィーク、夏休み
の取り引きでは特に冬休みの取り引きに注意が必要ですね。

冬休み前の取り引きでは、クリスマス休暇から年末年始からということで、
多くのトレーダーが休暇に入ることから、
市場が閑散となり為替がほとんど動かなくなります。

2012から2013年の冬休みの取り引きは、
まったく動かないという状況ではなくて、
日本政府の円安導入の政策から、円安がすごい勢いで進んでいました。

このときにも、円を売って外貨を買うということを
続けていたので楽しい冬休みを過ごせていましたが、、。

この年末年始の急激に為替が動くことは本当に稀なことで、
普段の冬休み中だとほとんど為替は動きません。

動かないところか市場が閑散としているのでスプレッドも開きがちです。
スプレッドも開きがちなので、ポジションを持った瞬間にいつもよりも多めに含み損がでます。

スプレッドも開いていますのでスキャルピングもあまりできなく、
利益を見込みにくいですので、市場が閑散としている冬休みは
取り引きを控えて休みに専念するのが毎年のことでした。

土日の前の市場も閑散としていますので、
この時には取り引きを控えて、
次の週の予想を立てる時間に当てていくような取引が本当はすきなんですが。
今年はどうも雰囲気が違いますね!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.studying-in-germany.com/mt/mt-tb.cgi/15

コメントする

このブログ記事について

このページは、acaが2013年2月14日 18:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「年明けのFX相場」です。

次のブログ記事は「春爛漫・・とは行きませんが!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3