2012年12月アーカイブ

冬が進んできていますね。クリスマスシーズンになってきて、
主要なヘッジファンドや、大手トレーダーがクリスマス休暇に入ってきているので、
相場が動かなくなってきていますね。

日本のメーカーも冬休みにまもなく入るということで、
これからは閑散とした相場になっていきそうです。

衆議院選挙が無事終り、与党として自民党がなりましたが、
圧倒的な数で民主党に勝っています。これによって、
安倍自民党総裁が提言していた超金融緩和策が
実現可能なものになりかねなくなってきているということから、
為替は一気に円安方向に振れてきています。

株価も軒並み上昇してきているという状況で、
ここから日本企業の反撃が始まっていきそうな勢いです。

極端な円安が進んでいる中で、
自民党の石破さんが極端な円安はあまり良くないという発言が飛び出ているほどです。

これからも円安の動きが続いていきそうですが、
どうなるでしょうか。

年明けまでは重要な指標もあまりありませんので、
このまま均衡を保ちながら為替は動いていきそうですね。

これから注意していかなければならないのが
米国の財政の崖問題ということは言うまでもないでしょう。

米国下院と上院のそれぞれの与党が両者譲り合わないまま来ていますので、
このまま年末までは合意がされないのではという見解も出てきています。

オバマ大統領自体は、楽観的にこの財政の崖問題を見ているようですが、
どうなるか注目していかなければなりませんね。

この財政の崖問題が上手に対処されないようであれば、
再び円高の方向に為替が動く可能性も十分にありますね。

これから私たちの会社も年末の仕事の片付けが入ってきますので、
為替の世界からはひと足先に手仕舞いをしていきたいと思います。  

皆様いかがお過ごしでしょうか。
こちらは年末に入ってきており慌しさが増してきています。

東京外国為替市場では対ユーロでは
1ヶ月ぶりの安値を更新するなどドルが下落しています。

円売りが進んでいるので対円ではそんなに下落はしていませんが
82円台前半を中心に売り注文が出ているようで、
上値が重たい展開が続いています。

この背景にあるのは、やはり米国の「財政の崖」問題があるようです。

「財政の崖」回避に向けた米国政府の交渉が難航しているという状況から、
米国景気の先行き不透明感が出てきており、ドル売りに圧力がかかっているようです。

12月3日現在の取引では、ユーロドル相場が
1.305ドル付近にあるなど10月23日以来の水準になってきています。


20121204-eurusd.jpg


ドル売りの状況は「財政の崖」問題が解決するまで続くでしょう。
しかし、この米国の「財政の崖」問題を見ていると現状の米国政府内では
解決への進展が出来ないような非難合戦が続いています。

この状況は市場の関係者にも流れていますので、
「財政の崖」問題が如実にドル売りにつながっているという状況です。

オバマ米大統領も、「財政交渉が長期化する恐れがある」と言っていますし、
共和党のベイナー下院議長も協議が行き詰っていると発言している状況です。

「財政の崖」問題が解決しなかった場合、
米国の景気がリセッション入りする可能性があるという意見も大半を占めているという状況です。

米国景気がリセッション入りするとなれば回復してきている世界経済が
米国経済につられて落ち込んでいくという可能性もあります。

今週は、7日に雇用統計などの重要な指標が控えているので
ドル売りがこれ以上進んでいくのか、はたまたドル円が買われるという状況になるのか。

重要な経済指標が相次いで発表される今週は、
どの様に進んでいくのか注目していきたいところですね。

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3